なごみの湯アイキャッチ

【なごみの湯】荻窪駅前が温泉地に?すべて見せます!

 

日本が世界に誇る文化といえば

 

温泉!

 

なのですが、関東圏の温泉地である湯河原や箱根はなかなか気軽に行ける距離ではありません。

 

そんなときに荻窪近辺の住民はどこへ行くか。

もう今さら説明するまでもありませんよね!

 

当然『なごみの湯』に行くわけなのです!

 

 

なごみの湯

 

皆さんご存知だとは思いますが、なごみの湯はただの温泉施設ではないのです。

入ったことのない方はまずその広さにびっくりするはず!

地下も合わせて6フロアあり、温泉の他にサウナ・岩盤浴・休憩所やエステなど、 様々な設備が充実しています。

 

 

なごみの湯

 

 

各設備は後ほどご紹介するということで、まずは館内へ入ってみましょう!(ダッシュで)

 

 

ダッシュで入店

 

 

今年で創業26年目になる「なごみの湯」。

スタッフのアイディアにより次々と充実していく設備は、温泉の他にも、「アルス玉檜風呂」「ミストサウナ」「滝龍(ろうりゅう)」「タイ古式療法」などなど、名前を聞くだけでは想像のつかないものばかり!

 

そんな様々な設備と天然温泉を楽しみに、日々多くの方が「なごみの湯」に訪れるのです。

今回オギジンも体験してきました!

 

 

こんなにあった!「なごみの湯」の設備

 

 

地下から5階まで、6フロアの設備をご紹介します!

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

B1F 休憩処

 

休憩所

▲ずらりと並ぶリラックスチェアー。癒やしとくつろぎの空間です。

  • レストルーム
  • ラウンジ
  • マンガ・雑誌コーナー
  • ボディケア
  • 冷蔵ロッカー

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

1F 受付・フロント

 

なごみの湯

▲なごみの湯スタッフの方が笑顔で迎えてくれます。受付はこちらからどうぞ!

  • 正面玄関・フロント
  • シューズロッカー

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

2F 女性浴室

 

女湯

▲温泉だけでなく、パウダールームなどの女性には嬉しい設備も充実しています!

  • 天然温泉露天風呂 武蔵野温泉
  • 露天風呂 風香の湯
  • 炭酸泉
  • バイブラバス
  • ヒーリングアクアバス
  • ミストサウナ テルマーレ
  • マイナスイオンロッキーサウナ
  • かけ湯
  • 水風呂
  • ミストシャワー
  • アカスリコーナー

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

3F お食事処・岩盤浴ヒーリングスパ・リラクゼーション

 

なごみの湯の食事処しおん

▲四季の味覚が美味しい「旬彩庵しおん」。オススメです!

  • 食事処「旬彩庵しおん」
  • 岩盤浴ヒーリングスパ「彩-irodori-」
  • ボディケア
  • 中国式足ツボ
  • バリニーズエステ
  • タイ古式療法

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

4F 男性浴室

 

男湯

▲露天風呂だけでなく、3種のサウナも是非お試しください!

  • 天然温泉露天風呂 武蔵野温泉
  • 露天風呂 つぼ湯
  • 炭酸泉
  • バイブラバス
  • アルス玉檜風呂
  • ボナサウナ
  • スチームサウナ
  • マイナスイオンロッキーサウナ
  • かけ湯
  • 水風呂
  • シャワー
  • アカスリコーナー
  • ラウンジ

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

5F 岩盤浴ヒーリングスパ&エステ

 

誤解

 ▲このフロアでは様々なヒーリングスパを楽しめます。胎内浴を体験できる「紅宮」もこちらのフロアに!

  • ヒーリングスパ
  • アロマシェイプ(ボディ&フェイシャルエステ)
  • 女性専用レストルーム
  • 女性専用シャワールーム

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

これほどボリュームたっぷりでみどころ満載な「なごみの湯」。

ここでは大きく3つの『みどころ』をご紹介します! 

 

【みどころその①】
なんと、源泉にそのままつかれる!武蔵野温泉

 

 

「なごみの湯」の魅力とは?

それは「都内にいながら温泉地気分が味わえるところ」にあるでしょう!

毎朝三鷹から源泉が運ばれてくるので、駅から数分の立地にも関わらず新鮮な天然温泉に浸かることが出来るのです!

 

武蔵野温泉(男湯)

 

「武蔵野温泉」は、男湯・女湯共に開放的な露天風呂になっています。

こちらの泉質はナトリウム(塩化物温泉)。

泉質というものにも様々な種類がありますが、塩化物泉は血液の循環を良くし、筋肉を和らげる効果があります。

黒褐色のお湯は、浸かるとツルツルとした質感です。

体が芯から温まり、保温効果も抜群。

こちらも塩化物泉の大きな特徴なのです。

 

主な効能としては、疲労回復、腰痛、肩こり、神経痛、冷え性、傷、肌荒れなどなど。

 

自然の光が差し込む湯船に浸かれば、思わず「いい湯だなぁ~」と呟いてしまうはず!

 

※武蔵野温泉のご利用時間は10:00〜25:00になります。

 

武蔵野温泉

 

これだけではありませんよ!定番の湯から、ちょっと変わったものまで幅広く楽しめるところも「なごみの湯」の魅力なんです!

 

つぼ湯、バイブラバス、アルス玉檜風呂▲つぼ湯(左)、バイブラバス(中)、アルス玉檜風呂(右)。お気に入りの湯が見つかるはずです!

 

 

実は「なごみの湯」が天然温泉を取り入れたのは2012年5月と意外にも最近のこと。

 

こちらの施設には、年々設備が充実していくので、訪れる度に新たな発見があるのです。

 

「岩盤浴」も、もとは設備の1つでしたが、今ではその種類は増え、3Fの、5Fの緑彩楼蘭計3箇所でそれぞれ違った岩盤浴を楽しめます。

 

 

 

 

【みどころその②】

種類豊富な岩盤浴

 

 

 

まずは3階の岩盤浴『彩-irodori-』をご紹介します!

 

彩

 

【彩-irodori-】

 

(5種類の天然石の名)5種類の天然鉱石が敷き詰められた岩盤浴が、計15床並びます。

室内は40℃~45℃でキープされているのですが、この温度が体に負担がかからず、ゆっくりと発汗できる適温なのです。

こちらは男女共に利用でき、疲労回復や新陳代謝の促進に効果があるそう。

 

ゲルマニウム

 

写真真中の黒いゲルマニウム岩盤は女性に人気があります!

 

大体の常連さんはお気に入りの岩盤が決まっているそう。

相性の良い岩盤を探しに訪れてみてはいかがでしょう?

 

続いて5階へ移動!!

 

緑彩

 

【緑彩(りょくさい)】

 

緑彩(りょくさい)には天草陶石、翡翠、溶岩石等の岩盤が配置されています。

【彩-irodori-】と同温度・湿度に設定されているので、ぜひ岩盤の違いを確かめてみてください!

 

緑彩のすぐ隣が女性専用の岩盤浴【『楼蘭』(ろうらん)】になります!

 

楼蘭

 

【楼蘭(ろうらん)】

 

インドがここにあります!

部屋の雰囲気だけで言ったわけではありませんよ!^^;

というのもこちらでは岩盤浴だけではなく、「ホットヒーリングヨガ」が行われるのです。

 

こうしたイベントも女性としては嬉しいですね!

 

 

そして3つ目のみどころは

 

 

 

【みどころその③】

女性のみならず男性にも大人気!炭酸泉風呂

 

 

炭酸泉

 

なごみの湯の炭酸泉

 

そう、今話題の炭酸泉のお風呂なのです!

 

医学的にも効果があると言われており、各方面からも広く注目を集める炭酸泉。

 

「なごみの湯」では、男湯・女湯それぞれ取り入れられています。

 

主な効果としては、神経痛や腰痛の軽減が挙げられます。

また、細かい気泡が角質や汚れを取り除くので、美容にも高い効果が期待されています。

 

実際に入浴してみると、シュワシュワと、まるでラムネの中に浸かっているように感じられます。

 

実はこちらの「炭酸泉」のお湯は、実際の温度よりも約2、3度暖かく感じるので、ゆっくりと長湯出来るのです。

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 みどころ満載のなごみの湯について聞いてみました 

 

今回取材した際に、館内を案内してくださったのがこちらの内藤さん

 

内藤さん

 

「なごみの湯」で8年目のベテランスタッフなのです。

そんな内藤さんに、こちらの施設について伺いました!

 

──古くから荻窪の街と共にあったなごみの湯。

どのようなかたちで始まった施設だったのでしょう?

 

内藤さん:元々は男性向けのサウナから始まりました。

そこから少しずつ設備が増えて、今では健康ランドというよりはスパに近い施設になっています。

私がこちらで働き始めたのはちょうど岩盤浴のブームが来た頃。

それから需要の増えてきたエステを取り入れたり、一昨年には天然温泉の源泉を運ぶというも方法始まっているんです。

 

 

──利用者のニーズに応える魅力的な設備が次々と増えていくなごみの湯ですから、次はどんな設備が増えるのかを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

次はどんな設備が来るのか、アイディアがあったりしますか?

 

 

内藤さんまだまだ構想の段階ですが、男湯にジェットバスなんてどうだろうと考えているんです。

美容効果が期待される炭酸泉も、男湯に入れたところ予想以上に人気が出ましたので!

 

──それは気になりますね!!今後増えていく設備も楽しみです。

以前取材でコウメ太夫さんとお話しする機会があったのですが、なごみの湯を利用されていると伺いました。

有名人にも愛される「なごみの湯」が今後荻窪にとってどのような存在になっていくかが楽しみです!

 

内藤さん:最近は荻窪の外からも来ていただくお客さまも多くなってきたので、広い範囲で地域に根づいてゆく場所であり続けたいです。

ご利用いただく方のニーズに応えられる施設を増やし、スパリゾート施設としてこれからも幅広くご利用頂きたいと考えております。

 

 

──ありがとうございました!

 

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

まだまだあります!「なごみの湯」の人気の理由!

 

 

なごみの湯の魅力はまだまだ語り尽くせないところがあります。

多彩な岩盤浴と同様に、サウナ・エステも様々な種類のものがあり、大人気の「ろうりゅう」は、使用アロマや熱さレベルが日によって異なる「日替わりろうりゅう」が実施されており、イベント感満載です!

 

ろうりゅう

 

なごみの湯のろうりゅう

▲「ろうりゅう」は日によりアロマや熱さのレベルが異なります。ろうりゅうカレンダー(なごみの湯HP)へ 

 

ろうりゅう

▲3階ではこんなグッズも販売中ですよ!

 

 

取材は朝の9時~10時までのなごみの湯の1時間の閉館時間に行われたのですが、10時になった瞬間に多くの方で賑わいました。

荻窪に住む方にとってなごみの湯は生活の一部なんだなぁとしみじみ感じたのです。

 

これからも憩いの場所であり続けるなごみの湯。

まだ入ったことが無い!という方は是非一度足を運んでみてください。

 

(ライター:松村)