荻窪5丁目酒場外観

荻窪駅から徒歩1分!『荻窪5丁目酒場』で大満足!

 

荻窪駅西口(南側)から徒歩1分の場所にある居酒屋さん「荻窪五丁目酒場」をご存知ですか?

 

こちらは昭和をコンセプトとしたアットホームな飲み屋さん。

 

しかも営業時間が17:00~翌7:00と、始発どころじゃなく日の出なんて余裕で見逃してしまう時間までやっています。

まさに飲兵衛にとっては心の拠り所になる酒場です。

ハシゴ飲み大好きな地元の方なら必ず行き着くであろうこのお店。

すでに皆さまご周知のお店なのかもしれません。

 

荻窪五丁目酒場

荻窪5丁目酒場階段入口

 

地下のお店へ降りていく階段からいい雰囲気漂っています。

赤ちょうちんのお店ってやっぱりいいですね〜!

 

ogikubogocyoume7

 

荻窪五丁目酒場店内

 

店内はテーブル席だけでなく座敷席もあり広々としています。

店内いたるところに、昔の映画のポスターが貼ってあり、レトロな雰囲気が落ち着きます。

 

ご主人が焼き場や厨房で調理し、奥さまがそれを卓まで運ぶ二人三脚スタイルのこちらのお店。

そんな家庭的な雰囲気も魅力的なお店なのです。

 

早速メニューを見てみると…

 

荻窪五丁目酒場のメニュー

 

とってもO.TE.GO.RO(おてごろ)な価格!

 

焼き鳥は全て二本で280円

一品料理も300円代のものがほとんどです。

 

そうなんです!

こちら荻窪5丁目酒場の魅力はお手頃で美味しい料理をいただけるところなのです!

 

メニューには串や野菜、魚料理、鍋などの他に、コロッケやカツカレーなどの家庭料理も目立ちます。

フードメニューの種類が豊富な荻窪五丁目酒場は、お腹を空かせた状態で訪れてもきっと満足できるはず!

 

それでは他とはひと味ちがう五丁目酒場のおつまみたちをご紹介してまいりましょう!

 

 

焼き鳥盛り合わせ(5本)

ogikubogochoume_yakitori▲左から砂肝、レバー、つくね、ねぎま、鶏かわ

 

まずはオーソドックスに焼き鳥盛り合わせを注文させていただいたのですが、こちらがご主人の仕事の丁寧さを感じる味わい深い焼き鳥なのです。

誰もが知るブランドの鶏の使用や変わった部位の提供とかとはまた一味違って、ご主人の焼き鳥とじっくり向き合う姿勢を感じる美味しさなのです!

オギジンが特にグッときた焼き鳥を、さらに追加で注文しました!

 

砂肝

ogikubogochoume_yakitori2
▲砂肝は塩でいただきました。歯ごたえが良くジューシーな味わいはクセになります。

 

盛合わせであまりに美味しかったので追加注文した砂肝。

絶妙な歯ごたえと、染み出る鶏の旨味が最高です!

 

レバー 

ogikubogochoume_reba-▲レバーはタレで注文してみました。結果大正解でした!こちらのレバーは是非タレをお試しください!

 

レバー(たれ)は奥さまが付けてくれたにんにくとの相性が抜群でした!

レバーもクセが少ないので苦手な方にもオススメしたいです。

荻窪には本当に美味しい焼き鳥がいただけるお店がたくさんあるんだなぁ、としみじみ味わっていると、続いてのメニューが登場!

 

 

オムレツ

ogikubogochoume_omuraisu

 

奥さんにオススメをお願いしたところやってきたオムレツ。

見た目は普通のオムレツですが、割って中を見てみると…

 

荻窪五丁目酒場のオムレツ

 

挽肉が出てくるんです!

この挽肉の味付けが完全に荻窪五丁目酒場オリジナル

これまで食べたことのない新感覚のオムレツですよ!

お店を訪れた際には是非ともお試しください!

続いて……

 

カツカレー 

ogikubogochoume_katukare-

 

オギジンも飲み屋さんでカツカレーを頼んだのは初めてです。

それだけ荻窪五丁目酒場の料理は美味しく、家庭的な魅力があるのです!

こちらのカツカレーも飲み屋さんのフードメニューのイメージを覆す、ボリュームと美味しさです!

 

最後にご紹介する料理が、

 

荻窪五丁目酒場 メニュー

 

これ気になりません!?

ということでお願いしました!

 

はまぐり酒むし

はまぐり酒むし

 

はまぐりの出汁が十二分に日本酒に染み渡った汁。これぞまさにキング・オブ・お酒のアテ!

こちらも荻窪五丁目酒場ならお手頃価格でいただけるのです!

お刺身など海の幸もいただけるということなので、そのメニューの多さに驚かされます!

 

大満足です!!

 

今回は荻窪五丁目酒場のオススメ料理をご紹介させていただきました!

思い返せばほとんど飲まずに、ひたすら食べていました^^;

 

ごちそうさまでした!

とお店を後にしようとしたそのとき、

 

 

荻窪五丁目酒場レジ横のわたあめ

 

レジ横にわたあめ製造機発見!!

 

忘れてはいけません、荻窪五丁目酒場のコンセプトは昭和!

わたあめ片手に昭和情緒を漂わせながら帰るのもオツなもの!

 

ogikubogochoume_wataame

 

ということでわたあめもいただきました^^

 

美味しい料理やそのお手頃な価格だけでなく、ご主人と奥さまの家庭的な雰囲気も荻窪5丁目酒場の魅力でしょう。

駅から1分の場所にこんな心地良いお店があったなんて、まだまだ荻窪には素晴らしいお店がたくさんありそうです!

今後も伺わせていただきます!

ご主人、奥様、ごちそうさまでした!

 

 

【この記事を書いたのは?】
ライター松村