jiyumeおはな編イメージ写真

新しい発見と出会い 荻窪美容室『jiyume』②

 

荻窪『jiyume』ーおはなし編ー

カット編に引き続き、今回はjiyume店主の沢丸保切さんに、お店の特徴や荻窪にお店を出されたきっかけなど、じっくりお話を伺って参りました。

 『jiyume』ーカット編ーは、こちらから▶▶

罫線

 

あなたの理想の髪型、一緒にみつけます。

 

ー 美容室に行って好みの髪型があっても伝えるのが難しかったり、自分に似合う髪型がわからない場合、『おまかせで』 とお願いしてもよろしいものなんですか?

 

沢丸さん:もちろん大丈夫です。美容師として、それに応えられる心意気でいないといけないですし、全てのお客様に対して常に提案型でいたいとも考えています。

例えば、1cm切って欲しいというお客様がいらっしゃったとして、「絶対そうしてほしい」と言われたらそういたしますが、提案も必ずさせていただいています。

 

あとはお客様に選んでいただき、例え1cmしか切らなかった場合でも、提案だけは持ち帰っていただけます。 それだけでもうちのお店に来た価値があるかなと考えています。

 

1cmだけ切るのであれば、どこでも切れるとは思いますが、うちではさらなる提案をさせていただいているところが特徴です。

これについては、スタッフにも、『お客様がいらした際には、すぐに3パターンくらい頭に浮かばせておいて、お客様がどの長さにしたいかで、すぐ提案が出るようにしておいてほしい』と伝えております。

 

あと、「カット」がとても重要で、パーマもカラーもすべてカットがあってのこと。

きちんとカットのことを理解していないと、お客様にも伝えることができないんです。

例えばパーマをかけたいと言われても、長さが合ってないとパーマもできないので、カットはとても大事にしています。

 

美容室での施術写真

 

造形学をたくさん取り入れると、
弱点とともに特徴もなくなってしまうんです。

 

ー髪を切る際、顔を小さく見せたいとか、人によっていろいろ気にする部分があると思いますが、造形学を生かしたカッティングをすると解決に近づくのですか?

 

沢丸さん:そうですね。ただ、造形学を取り入れ過ぎるのもあまり良くなくて、どんどん「普通」に近づき過ぎてしまうんです。 その人の特徴とか可愛いところとか、そういう部分は造形学でなくしちゃいけないところなので、その辺のバランスが難しいですよね。

 

お客様が気にされているところでも、『え!?それが可愛いのに』と感じることもあるので、その魅力を上手く説明して、 いつか取り入れてもらえるように提案し続けています。

 

例えば、エラの張りが気になるお客様でも、『絶対切って出した方が可愛いのにな』ということもありますので、コミュニケーションを深めて信用してもらい、提案を受け入れてもらえるように努めています。

 

美容室での施術写真

1人のお客様に最初から最後まで。満足していただくことが第一!
だから、アシスタントのいない美容室です。

 

ー沢丸さんは、今までも色々な美容室に勤務されていらっしゃったと思いますが、現在の『アシスタントを雇わず、1人のお客様を最初から最後まで担当する』というスタイルにつながるきっかけはありましたか?

 

沢丸さん:まず最初は、僕はアシスタントとしてお店に勤務していました。次に勤めたお店ではスタイリストになったのですが、 とても忙しいお店だったので、1日30人はカットしていました。

なので大体1人15分ペースでカットしていました。店長に至っては1日に40人はカットしていましたね(笑)

それって、完全にベルトコンベアみたいな感じですよね。

 

そのスタイルもどうなのかと思いながらも、もう少しお客様に時間をかけられる個人店に勤めたんです。そのお店ではじっくりお客様に対応することはできたのですが、自分一人で全てできるのにも関わらず、シャンプーはアシスタントにお願いして自分は裏で待機。

 

これって何の意味があるのかなと。

 

やはり1人で全て受け持ちたいという気持ちが強くなり、その後、アシスタントのいないお店を見つけて移動しました。

そこで1人のお客様に最初から最後まで担当することが自分に合うと確信しました。

 

それに自分でお客様の頭を洗うというのは、お客様の頭の形をそこで把握できるので、すごく大切だと思います。 ここが凹んでいるなとか、ここが出っ張っているなとか把握すれば、時間も短縮できカットもすぐ構築できるんです。

 

ですから、jiyumeでは、それぞれが1人のお客様に最初から最後まで担当するので、アシスタントは雇わないようにしています。

 

インタビュー写真

準備も大事だけど、行動しながら困難もクリアしちゃえ!

 

ー 独立されようと思われたのは、いつ頃でしたか?

 

沢丸さん:20歳で美容学校を卒業してアシスタントになり、その時からお店は30歳くらいで持とうと決めてはいました。

それが着々と近づいてくる中で、準備はしていたものの、まだあと3年くらい経ってからでもいいかなと思っていたんです。

 

でも、デザイナーさんやクリエイターさんと話しをした時に、彼らの強い独立心や、お金がなくても自分たちでやっていこう!という姿を見て、「余裕を持ってお金を貯めてから」とか、「準備が整ってから」ということがすごく言い訳に感じてきたんです。

 

お店を始めながら様々な問題もクリアしちゃえばいい!その方が、結果的に早いような気がして。

 

そう思うようになってから一気にお店を出そうと決めました。それからお金はどうにかしようっていう感じでしたね (笑)。

 

荻窪で一番の美容室になりたいですね。

 

ー 美容室はなぜ荻窪に出されたんですか?

 

沢丸さん:もともと地元だというのもありますね。最近の荻窪は、西荻窪や周りの地域に比べて、元気がないのかなと感じていました。少し活気づけたいという想いもあって、荻窪にお店を出しました。

僕は美容師なので、荻窪に美容室を開いて新しい風を吹き込めたらいいなっていう想いもあります。

 

のちのちは、『荻窪の美容室といえば、jiyumeがあるよね』って言ってもらえたらいいなと思います。

だからこそ、美容室だけでは終わらないようにという理想だけは持ってます。

 

インタビュー写真

 

ただの美容室ではつまらない。遊び心は持っていたい!

 

ー2階にブランコがあって驚いたんですけど、ブランコをおいた理由はあるんですか?

 

沢丸さん:カット後にお客様がソファーに腰掛け、スタッフはブランコに座って話しをしたら、お互い緊張せずにリラックスして会話ができるんじゃないかなと思い設置しました。

 

また3時から5時までの間に、誰でも参加できる『おやつの時間』というものもやっていて…
そのときに、お菓子を食べたりブランコに座って話しをしたりしていました。

 

お客様が増えて、今は難しくなってしまいましたけど、多い時は、十数人になっちゃって。夜の9時まで続いて、お酒とかも飲みはじめて盛り上がったこともありましたね(笑)。

もはや、「おやつの時間」ではないですよね(笑)。

 

ー夜の美容室というのも気になるワードですが、主にどのような活動をされているんですか?

 

沢丸さん:ただの美容室じゃつまらないので、最終的には美容に繋がるイベントを開催しています。

 

例えば、『美しくなること』という意味でヨガや英会話などを行っています。

英会話はちょっとこじ付けに聞こえるかもしれませんが、英会話を習って、旅をして、心が健康になり美しくなる、というように、『すべてが美容につながる』というコンセプトをもとに実施しています。

 

他にもカフェを作りたいなというのがありますが、こちらは計画段階です。

いろんな人が集まるカフェにしたいので、営利目的ではないというかトントンであればいいなと。

そのためには資本が無いといけませんよね。カフェが多少赤字になってもやっていけるように、まずは美容室を成功させることが第一なんです。

 

ちゃんと仕事にするためにも、息抜きなど抜くところは抜いて、しっかり遊んでいかないと続かないと思います。

 

そういう意味で、遊び心は持っていたいです。休みも大切にしたいですね。
お客様はもちろん、スタッフに対しても、価値のある美容室にしていきたいです

 

沢丸さんのカットばさみ

 

罫線

 

沢丸さん、お忙しい中、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

髪のことはもちろん、お店を出した経緯やこれからのjiyumeについてまで、幅広くご丁寧にお答えいただ、ありがとうございます。

 

自分がしてみたい髪型があっても、似合うかどうか不安になったり、相談するにもどう相談して良いか、など考えてしまうことってありますよね。

私はどちらかというと考えたあげく、うまく伝えられなくなるタイプです。

jiyumeの方々は、そんな私たちの言葉を汲みとってくれるように、丁寧に話を聞いて下さるのでとても安心です!

 

アットホームな雰囲気とおしゃれな空間で、1人1人の個性を活かしたヘアスタイルの提案をしてくれる美容室、jiyume。

 

リラックスもできるので、自分へのご褒美に、是非ともお試し下さいませ!

 

『jiyume』ーカット編ーは、こちらから ▶▶

罫線

(インタビュアー/ライター: 吉田 編集:松崎 写真:松崎、松村)

 

 

【今回取材にご協力いただいたお店】

店名 jiyume (ジユーム)
電話番号 03-3392-7980
住所 東京都杉並区荻窪4-12-16 1F/2F
アクセス 荻窪駅南口から徒歩5分
営業時間 9:00~20:00
定休日 火曜日