ターコイズの店内写真

ビールと相性抜群のジャークチキンなら ターコイズ

 

西荻窪駅北口から左手の商店街に沿って歩くこと5分

右手に『世界のビールとジャークチキンのお店』という看板が現れる。

 

珪藻土塗り壁と木の卓、遊び心に溢れるインテリアに彩られる店内は、キメすぎず軽やかに洗練され、緩く楽しくお酒が飲める雰囲気だ。

  

こちらのお店「ターコイズ」は2012年9月に理想的な物件を西荻窪で見つけ、内装のデザインから、塗装まで全て仲間たちとDIYで仕上げたという。

 

ターコイズの入口写真
ターコイズのオーナー氏家さんと店内の小物写真

▲右上:お店の入口

▲左下:今回取材にご協力いただいた「ターコイズ」オーナーの氏家氏

▲右下:ビール一本でトライできる黒ひげチャンス。見事黒ひげを当てると好きなドリンクをメガジョッキでプレゼントという太っ腹なキャンペーンを実施中!(期間限定)

 

650-1

 

『好き』から始まったビールとジャークチキンへのこだわり

 

オーナーの氏家氏に「ターコイズ」について伺った。

 

ービールとジャークチキンという組み合わせで『ジャマイカ』を連想しましたが、どのようなコンセプトを持ったお店なのかを教えていただきたいです。

 

氏家氏:特別ジャマイカをプッシュしているわけではありません。それから色んなお店のジャークチキンを食べて、お店ごとの味の違いが面白かったりして。

何よりジャークチキンはビールに合うんです。そこを突き詰めて、「ターコイズ」ではビールに合うジャークチキンを研究しました。

 

ージャークチキンを看板に掲げるお店も杉並区では珍しいですよね!?フードメニューのこだわりを教えて欲しいです。

 

氏家氏:ジャークチキンはシーズニング(鶏肉につけ込んで焼くだけの、調合されたスパイス)は一切使いません

15種類以上のスパイスと果物などを独自にブレンドして一から作ります。ジャークポークはジャークチキンと若干製法を変えてみたり、枝豆もスパイスに漬け込んでから提供したりと、メニューごとに異なる工夫があります。

また、デザートも全てスタッフの手作りになります。

 

ーフードメニューだけでなく、多くの種類を揃えたビールにも愛情とこだわりを感じます。間もなく1周年を迎えますが、2年目、3年目がこちらも楽しみになるお店です。「ターコイズ」のこの先にあるヴィジョンを是非教えてください。

 

氏家氏:仲間たちと始めたお店なので、それぞれが本当にやりたいことを出来るようになるための、キッカケになる場所でありたいです。

ビール担当のスタッフはその道で、デザート担当のスタッフはその道で。「やりたいことの実現」への第一歩です。

 

ターコイズのジャークチキン他フードとドリンクメニューの写真

▲写真左上:こだわりのジャークチキン。一から妥協なく作られた、ターコイズオリジナルの味わい。

▲写真左下:カフェの形態でスタートしたという「ターコイズ」全て手作りのデザートも高い人気を集めている。

▲写真右:豊富な種類の世界(国産も含む)のビールを取り揃える。お気に入りの一本を探してみてはいかがだろう。

 

ターコイズの店員さんと店内写真

▲気さくなスタッフばかりで、雰囲気良し、味良しのターコイズのもう一つの魅力がパーティー。音楽好きのスタッフ全員がDJを出来るそう。貸し切りプランも用意してあるので、会場をお探しの際には是非!

 

 

世界の珍しいビールたちと、それらによく合うジャークチキンを美味しく味わえる「ターコイズ」。
イベントも積極的に行い、いつ訪れても楽しく飲める場所だろう。

こだわりのジャークチキンとビールの相性を、ぜひお試しいただきたい。

 

ターコイズの中庭写真

 

(写真・ライター:松村)