キーマオキッチンのカレーの写真

エスニックなら迷わずタイ料理屋 キーマオキッチン

 

荻窪駅南口からたったの1〜2分ほど。お店の立ち並ぶ細道に、一際目立つタイの国旗とのぼりが見える。
階段を登るとすぐに良い香りのする料理店が「キーマオキッチン」だ。

 

エスニック料理店の多い中央線沿線だが、ここ荻窪では珍しいタイ料理店である。

バンコク出身のシェフが2008年にオープンした本格派で、地元の女性を中心に人気を集めている。

 

木目調の店内は異国の雰囲気ながらも、コテコテなエスニック料理屋さんといった感じではない。

シンプルかつ清潔で、開放感のある店内は、“荻窪らしさ”を感じるタイ料理店と言っていいだろう。

 

キーマオキッチンの入口と外観の写真

 

  荻窪にあるキーマオキッチン!! 

その洗練された味と人気の理由

 

手間を惜しまず作られた程よい旨味のレッドカレーは、ココナッツミルクがマイルドに味を締める。豚肉やタケノコなどの素材にはしっかりと味が染みている。

 

豊潤でクリーミーな味わいは、本場の味を知り尽くしたシェフの凝らした、『日本人でも美味しく食べられるタイ料理』への工夫を感じられる。

 

キーマオキッチン店内写真キーマオキッチンのカレーの写真

 

本格的でありながら、日本人の舌に素直に馴染む味わいのタイ料理に惚れ込んだ多くの常連さんが、今日もキーマオキッチンに足を運ぶ。

スパイスの香るタイ料理は夏こそ美味しい。これからの季節、「キーマオキッチン」を訪れてみてはいかがだろう。

 

(写真・ライター:松村)