いっ久どーなつ

ついつい寄り道したくなる「いっ久どーなつ」

 

荻窪で大人気のドーナツ屋さんをご存知だろうか?

駅北口より徒歩1分以内。ロータリー内の「いっ久どーなつ」をご存知の方も多いのではないだろうか。

 

手作りドーナツのテイクアウト専門店としてオープンしたのは2007年

以来、駅前のおいしいドーナツ屋さんとして地元の方に親しまれている。

近年は都内にチェーン展開も行い、その人気の高さが伺える。

 

いっ久どーなつのお店の外観

 

人気の理由は“安心感”

 

直接お店へ訪れてみると、荻窪駅に向かう道すがら、お店に寄る方も多く見受けられる。

 

いつ前を通ってもご主人が笑顔でお店に立っているからこそ、ついつい寄ってしまう。

そんな人と人とのつながりを感じられるところも、いっ久どーなつの魅力の一つだろう。

 

 

こちらで販売されるドーナツはプレーン(160円)のみ。

山形県の栽培農家さんと直接契約をしている原料の「秘伝豆」は安定した品質を維持し、いつでも、美味しい味を提供してくれる。

 

 

そして、こちらも原料である、「豆乳」「おから」は、店頭に製造年月日が提示してあり、鮮度管理の徹底ぶりが伺える。

店頭にてオープンな状態でドーナツを揚げるのも、どんなときでもお客さんへ、ベストな状態のドーナツを提供できるように、油が新鮮な状態でキープされているから。

 

 

そんな“安心して食べられる環境”づくりが、「いっ久どーなつ」の人気の理由だ。



いっ久どーなつのどーなつができるまでの写真1 . いつ訪れても揚げたての味を提供してくれる。ガラス越しに揚げられるドーナツに思わず足を止めてしまう。
2 . ご主人の山本実さん。いっ久どーなつの顔として地元で親しまれている。
3 . 濃厚な豆乳はドーナツとの相性抜群!店頭にて1カップ/120円でいただける。


こだわりの素材と徹底した製法。そのお味は!?

 

外側はさくっと、中はふんわりした食感のドーナツは、揚げ方への工夫も感じる。

『こんなドーナツは初めて食べた!』と感じるような特殊な味のドーナツではない。

だが、素材の吟味、作り手のこだわり、愛情をこれほど感じるドーナツはこれまで食べたことは無い。「秘伝豆」の甘みで、余分な糖分は必要なくなる。

 

 

ドーナツの、割合60%を占める豆乳とおからは、最上川源流の里にあるいっ久家の直営工場“米沢ファクトリー”で作られる。

ミネラルたっぷりの伏流水を使用して作られる秘伝豆は、他の枝豆には無い甘さとコクを感じる。

 

 

独自にブレンドされた植物油も味の決め手だ。

油にも甘みが凝縮されているため、いっ久どーなつ独特の風味豊かな味が引き立てられる。

さらに、こちらの油は、季節ごとにブレンドの配分が変えられる。

徹底したこだわりこそが、いっ久どーなつの美味しい理由なのだ。

 

 

それでいて、ほっと安心できる味わいは、家庭の味に近いのかもしれない。

荻窪駅に向かう道、寄り道して買いたくなるのも納得できる味わいだ。

訪れれば分かる、「いっ久どーなつ」の人気の理由。一度確かめてみてはいかがだろう。

 

(写真・ライター:松村)


いっ久どーなつ