ジェムストーンアイキャッチ

『好き!』をセレクトする「GEMSTONE」

 

荻窪駅北口から青梅街道を八丁方面へ進むと、四面道の手前に木質な店構えが印象的な建物が現れる。

荻窪では珍しいメンズアパレルを取り扱うこちらのお店が今回伺ったGEMSTONE(ジェムストーン)だ。

 

ジェムストーン外観と店内写真

 

ネイティブアメリカンのカルチャーを受け継ぎながらも斬新なカジュアルスタイルを提案するオリジナルブランド「GEMSTONE」。

 

1960’s〜80’sの音楽、思想のカルチャーをベースとした老若男女問わずに楽しめるオリジナルブランド「STARSTAR」。

 

「カジュアル」と「和柄」を独自のテイストで掛けあわせた全国で展開するブランド「泥棒日記」。

 

この3ブランドを中心としたアパレル・雑貨のセレクトを行う。

 

店内はネイティブアメリカンやサーフカルチャーを彷彿とさせるインテリアで彩られる。

富んだバリエーションで展開されるアイテムを、気ままに選べるのがGEMSTONEの人気の理由だ。

 

gemesutoneの服

ジェムストーンの服

 

間もなく20周年を迎えるGEMSTONEの
“これまで”と“これから”

 

スタッフ自らデザインを行うGEMSTONEには、『作り手としても、販売スタッフとしても好きになれるもの』が揃う。

 

また、「泥棒日記」のアイテムのように品質にこだわり、職人さんと共に妥協のないデザインを追求した一着に、一意専心を感得できる。

 

陳列されるアイテムの一つ一つに、愛情とこだわりが伺えるからこそ、愛着を持ちながら長く身に付けられるものを求める人が集まる。

 

地元出身のオーナーが古着などを扱うセレクトショップとして1995年にオープンしたGEMSTONE
オリジナルブランド「GEMSTONE」は古着屋時代に販売していたインディアンジュエリーにインスパイアされ、音楽×アウトドアブランドの「STARSTAR」のルーツにはフェスがある。

異なるカルチャーから、デザイナー、ショップスタッフの「好き」が集めた個性的なアイテムが今日もお店を彩る。

この先も地元で親しまれる存在でありつづけるGEMSTONE(ジェムストーン)は間もなく20周年。まだ訪れたことの無い方に是非とも足を運んでもらいたい。

 

(写真・ライター:松村)

ジェムストーン 最後の