荻窪新聞 2015年2月2日
荻窪新聞

区役所で感じる杉並の文化

洋画家 高橋忠弥 杉並で没頭した創作活動を追って
 
文化・芸術と深く結びついた街として、杉並区ではさまざまなゆかりのあるアーティストの紹介をしています。現在杉並区役所で開催されている「洋画家 高橋忠弥展」に行って参りました!
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/t_chuya_icatch2.jpg

 

 

杉並区は多くの文化人・芸術家にゆかりのある地として知られています。

 

井伏鱒二や太宰治、阿佐ヶ谷文士村に代表されるような文士の街と知られる一方で、

 

様々な文化人のアトリエも多く、現在、杉並区役所で催されている「洋画家 高橋忠弥展」の主人公・高橋忠弥氏(1912-2001)も杉並にて創作に没頭した1人です。

 

高橋忠弥氏は、長年杉並にアトリエを構え、絵画、書、本の装幀、詩作、エッセイとマルチに才能を発揮した人物です。

 

今回の記事では、現在開催中の展示と共に、杉並区の文化事業に対して取り組みについてご紹介いたします。

 

 

高橋忠弥展看板▲区役所に入ってすぐ展示の看板がお目にかかれます。

 

 

杉並区役所の二階は区民ギャラリーになっており、日頃から様々な展示が催されています。

 

普段は区民の方々の作品発表の場等で親しまれていますが、

 

今回の展示は杉並区役所 文化・交流課の企画のもと杉並にゆかりのあるアーティストの紹介として開催されました。

 

 

ビオット
▲ビオット(1974)

 

 

区民ギャラリーにはいると、最初に拝見できるのが高橋氏が渡仏時に描かれた「ビオット」という作品です。

 

 

高橋忠弥展洋画1▲「ビオット」時代の作品は5点展示されている。

 

 

マルチに活躍した高橋忠弥氏ですが、あくまで「洋画家」と名を打っての展示ということで、はじめは洋画を中心とした展示が並びます。

 

 

r_chuya13▲自宅兼アトリエに眠っていた作品の数々を区が展示している。

 

 

積極的に作品を発表する高橋忠弥氏ですが、氏に関する資料も少なく、解明できていない作品も多いそうです。

 

冬の紋
▲雪の紋(1961年)

 

 

しかし、高橋忠弥氏は、装幀家としても知られている他、書や版画等、当時では珍しくさまざまな分野で作品を残されています。

 

 

 

高橋忠弥展装幀▲装幀の展示

 

 

その中でも装幀家としての活躍は広く知られ、宮沢賢治を敬愛した氏の文学に対する愛情を感じます。

 

 

高橋忠弥展装幀2▲手がけた装幀の数々

 

 

文士の街・杉並にアトリエを構えたのもそういった理由があったのかもしれませんね。

 

 

高橋忠弥展装幀3▲石川啄木氏の装幀

 

 

この一見絵のように見えますが、しっかり「字」としても読みやすい独特の文字は「忠弥文字」と呼ばれ、晩年の書の創作に繋がっていったと言われています。

 

 

高橋忠弥展書▲高橋忠弥氏の書

 

 

晩年は洋画を絶ち、書の創作に没頭した高橋忠弥氏。最後までいろいろな分野に挑戦する氏の志を感じます。

 

 

高橋忠弥展資料▲閲覧コーナー。資料が少ないことで知られる洋画家だけに、貴重なものが並ぶ。

 

 

今回は高橋忠弥氏の手がけたエッセイや、故郷である盛岡で展示が行われた際の作品集など、

 

こういった機会でないと集まらない貴重な作品や資料もご覧になれます。

 

ぜひ区役所まで足を伸ばしてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

まだまだある!区役所の文化の取り組み

 



杉並区アーカイブ事業
杉並区「アーカイブ事業」の紹介

 

杉並区役所 文化・交流課は、杉並区にゆかりのあるアーティストを様々なかたちで紹介する活動をしています。

 

そのひとつに、現在も活躍される杉並在住の文化人の方々のインタビューを映像資料として制作する「アーカイブ事業」があります

 

既に2作品が完成しており、杉並区のホームページで短編版を見れる他、区内図書館及び区役所西棟10階の文化・交流課にて長編版の貸出も行っております。

 

こちらも大変貴重な資料となりますので、ご興味のある方はぜひ杉並区役所のホームページをご覧いただければと思います。

 

 

杉並区ホームページ「杉並ゆかりの文化人 アーカイブ映像集

 

 

また、奇数月には杉並区の文化・芸術の情報紙「コミュかる」も発行しており、

 

アーティストのインタビューや杉並公会堂のスケジュール、また今回のような区民ギャラリーを使った展示の募集なども載ってますので、興味のある方は積極的に利用してはいかがでしょうか?

 

みなさんも是非、文化の街「杉並」を堪能してください!

 

 

 

罫線画像

イベント詳細

 

「洋画家 高橋忠弥展」

【開催日】2月2日(月) ~ 2月13日(金)
午前9時~午後5時
※最終日(2月13日)は午後3時まで。日曜日、祝日はお休み。

【開催場所】 杉並区役所2階 区民ギャラリー

【入場料】無料

【お問い合わせ】杉並区役所 文化・交流課 03-3312-2111(代表)

 

罫線画像