荻窪新聞 2014年6月2日
荻窪新聞

オギボンの最新号発刊!!

荻窪のタウンマガジン『オギボン』第2号、発刊!
 
荻窪のタウンマガジン「オギボン」待望の第二弾が発刊!今回は、荻窪を支える、17人の技に迫ったとのこと。当サイトでもオギボンを手に入れられるお店を記載しているので要チェックです!
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/ogibon2_catch.jpg

 

 

荻窪の『今』を知るならまず手にとって見てください!
オギボンVol.2、発刊!

 

 

荻窪の情報誌、そして注目のフリーペーパーogibon(オギボン)の第2号がいよいよ発刊しました!

しかも今回はvol.1より気合の増ページ!読み応え抜群です!

 

罫線画像

[オギボンとは?]

荻窪の地域情報誌「オギボン」は、荻窪情報発信委員会のメンバーが中心となって、2013年の冬に第1号を発刊。荻窪の街と人を応援するタウンマガジン。
荻窪の良いところ(フランス語で良い=BON)を色々な角度から発信するという意味で『ogibon(オギボン)』という名前だそう。
荻窪を本当に魅力的な街にしたい!という強い地元メンバーの思いから生まれた、新しい荻窪の情報誌である。年2回発行している。

罫線画像

 

 

荻窪のプロフェッショナル17人
この街を愛する人とは

 

 

今回のテーマは、

「その技が、街を輝かせる 荻窪のプロフェッショナル17」

前回のvol.1に続き「人」に焦点をあてた内容となっています。

 

ogibon2の写真

 

良い物を知る人が集まる街、荻窪。

 

何年も、何十年もこの街が輝き続けていられるのは、本物を求めて集まる人それに応え続けるプロの技があるからこそですよね。

荻窪を支える、17人の技に迫った内容になっています。

 

 

出来立てホヤホヤの「オギボン VOL.2」の気になる中身を少しだけご紹介!

 

 

ogibon2に掲載_中華徳大▲ 荻窪のみんな大好き!中華徳大さんがトップ掲載です。

 

 

プロフェッショナルのトップを飾るのは、 中華徳大の青柳さん。

素敵な笑顔にまず魅了されます!

 

オギボンでは、青柳さんの真面目で創造的な人柄に注目!中華徳大がますます好きになります!

 

[関連リンク]
【私たちの中華】荻窪で中華料理と言えば徳大!

 

 

ogibon2に掲載_コロンブス▲ イタリア亭コロンブスさん。その変わらない味!食べてみたい!

 

ogibon2に掲載_吉田カレー_啓ちゃん

▲ オギジンでも紹介した、吉田カレーさんと中華屋啓ちゃんも掲載されています。

 

 

さすが、地元発信の情報誌!掲載されているお店は間違いないです!

 

もはや全国のカレー通が注目していると言っても過言ではない、吉田カレーのオーナー吉田さん。

 

早くも『老舗』の頭角を現している街の中華屋さん!これぞ地元の味!中華屋啓ちゃんの啓ちゃん。

 

両方ともオギジンでもイチオシ!大満足!のお店ですよ!

 

[関連リンク]
気になる方も多かったはず!あの看板のお店へ突撃!(吉田カレー)
荻窪の将来の老舗!「中華屋啓ちゃん」

 

 

 

その他、「obikuboさんぽ」のコーナーでは、便利&なつかしいが揃う場所 北口編荻窪の歴史と魅力がギュッと凝縮された 南口編にわけて散歩のコツをマップで紹介、などなど盛りだくさん。

 

 

そんな荻窪の魅力を、今後も発信しつづけるタウンマガジン『オギボン』。

読んだら、もっと荻窪が好きになること請け合い!

 

 

 

さて、

 

もっと知りたい!!

中身が気になる!!

 

そんなオギボンですが、荻窪の街中でないと手に入らないそうです。

なので、皆さん!是非、荻窪の街に来てオギボンを手に取ってみてください。

そして街を巡ってみてください。

 

きっと新しい、素敵な発見が待ってますよ!

 

 

★「オギボン」は下記の店舗/施設でGET!できます★

 

JR荻窪駅/杉並区役所杉並公会堂タウンセブンルミネヴィムスポーツアヴェニュウogikubo Hinata/佐川フルーツ/茶道具 春日園/ダイアナ ルミネ荻窪店/長谷川電家商会/B-PUMP 荻窪店/富士通不動産 荻窪南口支店/富士通不動産 本店/藤巻商店 にくのくに/BLOOK MARKS/ヘアサロンOGATA/もつ吉/らーめん居酒屋 はなや/リストランテ ドラマティコ

 

 

 

罫線画像

 

ちなみに、我らがオギジン編集長の松崎のインタビューも掲載されています!

 

オギジン編集長

 

掲載された写真を見て、ダイエットすると深く心に決めたそうです。 →続く

 

 

 

罫線画像

★この記事を書いた人 

罫線画像

ヨシダリサ