荻窪新聞 2014年3月8日
荻窪新聞

今からだってまだ間に合う!

【震災特集②】要確認! 防災用品これで充分?
 
大きな災害を経て、はや3年。防災用品に関心が薄れてきているのも事実です。
そんなときだからこそ、まだ準備していないみなさんはこちらをみて備えてみてはいかがでしょう?
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/bousai_catch.jpg

 

前回に引き続き、震災特集第二弾!!

世界の中でも、日本は特に地震大国ですから、日々の不安は絶えませんよね。

万が一に備えて準備されている方も多いと思いますが、

今回は、防災用品について取り上げてみたいと思います!!

 

前回の特集はこちらから>>【震災特集①】荻窪周辺の一時避難場所ってどこ?

 

 

 

 

何を備えておいたらいいの?

 

 

いざ防災用品を集めてみると、水や食料、懐中電気や軍手・・・

本当にこれだけでいいのか少し不安。

 

インターネットで調べると、あれこれオススメがたくさん・・・ 正直、多すぎて迷います。

 

 

防災用品の画像 「Copyright (C) Metropolitan Police Department. All Rights Reserved./震災のときはこうしよう」より出典

 

 

それに、重要なものを準備し損ねていないのかも心配です。

 

 

 

 

そんな時、荻窪警察署のHPを調べていると、あるではないですか!

 

 

チェックリストー!!

 

 

罫線画像

 

震災に対するふだんの備えリスト「Copyright (C) Metropolitan Police Department. All Rights Reserved./震災のときはこうしよう」より出典

 

詳しくはこちら警視庁のHPからどうぞ↓

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/jisin/fudan.htm

他にもチェックリストがあるので、上記チェックしてみて下さい。

 

罫線画像

 

なるほど!意外に多い!(汗)

抜けているもの、たくさんありました!

 

あとはこのチェックリストをもとに、みなさんの状況に応じて備える必要がありそうですね。

赤ちゃんや小さいお子様がいるご家庭。

高齢者がいるご家庭などなど様々だと思います。

 

あとは、自分で持って逃げれる量に押さえないと意味がないですね(苦笑)

四次元ポケットがあれば、大変ありがたいのに・・・

 

 

 

 

 

携帯用防災用品は

絶対ないと困る最低限必要なものを

 

 

 

もしもの場合を想定するには、様々なケースがありすぎて、正直考えるのは疲れます。

なので、何点かまとめをご紹介!

 

 

(1)かさばる防災用品は一つの収納ボックスにまとめる

 

防災用品参考例の写真Copyright ©Ryohin Keikaku Co., Ltd./無印良品ネットストアより出典

 

 

もしもの時には、必要なものをあれこれ探している余裕はありません。緊急用アイテムは、1ヵ所にまとめて保管しましょう。

懐中電灯や充電ラジオ、片手鍋、圧縮タオル、不織布マスク、スニーカーなど……

非常時に必要なものは、耐加重が大きい頑丈な収納ボックスに入れて、部屋や玄関などの空きスペースに。

 

 

 

2)会社や学校などから帰宅困難な状況にも備える

 

防災用品参考例の写真Copyright ©Ryohin Keikaku Co., Ltd./無印良品ネットストアより出典

 

 

外出中の場合は、オリジナル帰宅セットをつくって備えましょう。

例えば、半透明のキャリーケースに入れておけば、中身が見えて、持ち出しも簡単。書類と一緒に棚に並べても、デスクまわりに置いても、周囲と違和感なく収まります。

 

 

 

(3)普段持ち歩くカバンの中にも最低限必要なものを

 

防災用品参考例の写真Copyright ©Ryohin Keikaku Co., Ltd./無印良品ネットストアより出典

 

 

最小限の備えは、いつも持ち歩くカバンの中に入れておきましょう。

財布やめがね、携帯電話に常備薬、女性ならメイク道具など……。

必携アイテムは、人それぞれですが、ミニライトやマスクなど少しだけ防災を意識したアイテムをプラスすることで、またひとつ防災に近づきます。

 

 

 

様々な状況が考えられますね。

 

いろいろな状況も鑑み、これまで見てきて思うのは、

「コレだけはないとまずい!」

というものを常に携帯しているか、すぐ持ち出せるように心がけていると安心ということでしょうか!

 

 

 

例えば私だったら、常に携帯しておきたいのは、

貴重品に常備薬、水、あめ玉、ミニライト、ライター、大きめのハンカチやタオルにティッシュ・・

あとはコンタクトをしているので、めがねは絶対重要です!

これはどんな状況でも最低限必要なものです!

 

のちほど、サバイバルシートと笛も買っておこうと思います。

 

携帯用防災グッズの写真

 

こうして並べてみると、外出中だったら他の荷物もありますし、結構な量になりそう・・・

でも、背に腹は変えられませんね。

 

 

 

このようにインターネットにもたくさん情報がありますが、

この機会に友人や同僚、家族と災害時について話すのもいいかと思います。

 

その際には防災用品はもちらん、前回の【震災特集①】荻窪周辺の一時避難場所ってどこ?でもお話した「避難時の流れ」についても相談・話し合いしてみて下さい。

 

 

 

備えあれば、憂いなし!!!

 

 

 

【この記事を書いたのは?】
ライターヨシダリサ