荻窪新聞 2013年10月4日
荻窪新聞

秋特集第二弾【読書編】

荻窪の『秋』を満喫しよう─読書の秋編─
 
荻窪の秋を満喫しよう!「スポーツの秋」編に続く特集第二弾は「読書の秋」編です。
荻窪は「本のまち」の一つにも数えられるほど、文化的な側面が強いまちなのです。
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/185.jpg

 

『本・書籍・文学』と『荻窪』 

 

 

以前にもご紹介させていただいたのですが、荻窪は与謝野晶子や井伏鱒二といった多くの文人たちが住んでいた街であり、また神田や飯田橋などの出版社が多いエリアへのアクセスが良いため、編集者や作家・イラストレーターも多く住んでいるので『文学と縁の深い街』としても知られているのです。

 

それ故か、荻窪には他の街ではなかなか見られないほど質の高い古書店が多く、ささま書店岩森書店のように歴史ある老舗から、象のあし書店のように個性の強いお店が集まっています。
罫線

 

 

 荻窪でオススメの書店はこちら!

 

荻窪本屋

 

 ささま書店 

 

店名  ささま書店/本店
電話番号  03-3391-6033
住所  東京都杉並区荻窪4丁目31−11
営業時間  11:30-21:00
定休日  火曜日

 

荻窪を代表する書店の一つ。広い店内には思想哲学から社会科学、音楽、美術等まで、幅広いジャンルの本が揃っています。

店頭の均一台も大人気!オススメの本屋さんです。

〈店舗情報はこちらから〉

 

 

 

 象のあし 

 

店名  象のあし書店
電話番号  03-3392-2145
住所  東京都杉並区上荻1丁目24-19

 

店名から『あれ?変わった本屋さん?』なんて思ってしまうかもしれませんが、ごくごく普通の本屋さんです。置いてある本はなかなかマニアックなものも。

明るい店内でゆっくり本を選べます。

〈店舗情報はこちらから〉

 

 

 岩森書店 

 

店名  岩森書店
電話番号  03-3398-9392
住所  東京都杉並区荻窪5丁目21−11
営業時間  11:00~21:30
定休日  火曜日
URL  http://www.iwamorishoten.jp/
FAX  03-3398-6688

 

こちらはなんと64年の歴史がある老舗。
絶版文庫などの稀覯本の品揃えも充実しているので、訪れれば、長く探していた一冊と出会えるかもしれない楽しみを与えてくれます。

 〈店舗情報はこちらから〉

 

罫線

 

 

 荻窪の文化をかたち作った作家、文人たちの名残。

 

 

上で挙げた井伏鱒二と与謝野晶子の他にも、太宰治、安倍知二、戸川秋骨、石井桃子、角川源義。他にも多くの作家、文人が住んでいた荻窪。

井伏鱒二著の『荻窪風土記』には戦前から作家・画家等の知識階層が多く住み、荻窪の文化を形成していったことが記述されています。

 

そんな文人たちの名残は今でも街中に多く残っています。

 

 

『荻窪風土記』井伏鱒二著 

荻窪風土記

 

荻窪の街の移り変わりに思いを馳せながら、自らの半生を綴った作品です。

私も荻窪関連の記事を書き始めるにあたり熟読しました。荻窪が大好きなあなたに捧ぐ一冊です。

 

 

 与謝野公園 

 

与謝野公園

 

与謝野晶子・鉄幹夫妻が住んでいた場所は、今は与謝野公園になっています。

二人の詠んだ数々の詩が多くの石碑となって並んでいます。

与謝野夫妻の詩に思いを馳せながら散策できる、雰囲気良い公園です。

 

 

 太宰治ゆかりの地 

教会通り

 

教会通りの路地裏に太宰治は下宿していました。生涯の師である井伏鱒二を慕って暮らしていましたが、天沼付近で5回も住所を変えています。

下宿の様子は壇一雄の『小説太宰治』にも登場します。

 

罫線

 

 

人知れずひっそりと読書をしたい!
そんなときにオススメしたいのがこちら!

 

 

カフェで、電車で、我が家でも、本を読む場所に困ることは少ないですが、落ち着いて本が読める環境って案外限られていたりしますよね。

 

そんなときにオギジン編集部のオススメする読書スポットがこちらです。

 

 

 読書の森公園 

読書の森公園

 

『読書の森公園』…名前のとおり、本を読むには最適な、心地よい木漏れ日が差し込む公園です。

図書館と一体となった公園というアイディアのもと作られたこちらでは、隣の中央図書館で借りた本をすぐに読みだすことが出来ます。

杉並ゆかりの作家や詩人のモニュメントも点在しています。

 

 

 ブックカフェ『beco cafe』

beco cafe

 

西荻窪北口住宅街に現れるお店『beco cafe』は文学系や雑誌など、たくさんの本がずらりと並ぶブックカフェです。隠れ家的な雰囲気は読書にうってつけです!

置いてある本がとても特徴的で『誰かの本棚から借りて読むことができる』感覚の珍しいブックカフェ。本の所有者が、本棚代わりにお店に本を貸しているシステムだそうです。

購入できる本もあって、予期せぬところで運命の本に出会えるかもしれない素敵なブックカフェです。

 

ベコ カフェ

 

定期的にイベントも企画し、カフェメニューも小説の中に出てくるアイテムがあったり、読書家にはたまらないお店です!

〈店舗詳細はこちらから〉

 

 

あんさんぶる荻窪 屋上庭園

 

9

 

過去記事『荻窪佳景 屋上から見上げてみよう、夏の空』にも登場した、あんさんぶる荻窪の屋上のどなたでも利用することのできる屋上庭園です。

晴れの日には吹き抜ける風が心地良く、仰ぐと一面空なので、開放感ありリラックスできます。

駅近くにも関わらず、喧噪から離れて読書に集中できる穴場スポットです。

 

罫線

 

 

今秋で読む本はもう決めていますか?

 

本の街 荻窪で過ごす読書の秋。

素晴らしい一冊と出会え、その本を落ち着いて読める環境は整っています!

 

一緒に荻窪の秋を満喫しましょう!

 

(ライター:松村 編集:松崎)