荻窪新聞 2013年8月31日
荻窪新聞

ブラジル×中央線=? 

『VAMOSブラジる⁉』 が情熱的に結ぶ音の縁
 
ブラジルの音楽と言えば何を思い浮かべますか?『ヴォサノバ』、『サンバ』は有名ですが、実は、それらはブラジルでは日本でいうところの『民謡』のように広まったもの。
 
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/126.jpg


『VAMOSブラジる⁉』ってどんなイベント!?

 

実はブラジルでは、若者が一年通して聴くことはあまり無いというヴォサノバサンバ

ではブラジルではどんな音楽が聴かれるのか?それはブラジル音楽の受容が著しい日本でも(※1)ほとんど知られてはいません。

 

そんな地球の裏側、ブラジルの音楽カルチャーと触れ合うイベントこそ『VAMOSブラジる⁉』なのです!!

 

 

荻窪、西荻窪、吉祥寺の3駅のライブハウス会場が共同で行うこちらのイベントは、吉祥寺のブラジル料理店『アウボラーダ』の呼びかけで去年から始まりました。

荻窪からは以前紹介させていただいた「ROOSTER」が参加しています。

 

6ヶ所のライブ会場で同時に演奏がスタートし、お客様は、『次はあのお店に、あのアーティストのライブを見に行こう!』と会場をハシゴ出来るシステム。

まるで野外フェスのように中央線を行き来できる楽しみもあります。

さらにこちらのイベント、なんとあの駐日ブラジル大使館の後援というから、その注目度の高さが伺えます。

 

ブラジル

 

これまで知らなかったブラジルの音楽カルチャーに触れる



去年は約2000人の動員があり、大盛況に終わった『VAMOSブラジる⁉』

その魅力はなんと言ってもブラジル音楽の『情熱』『楽しさ』!!

今年は更に規模を拡大し、総勢122名のアーティストが6ヶ所の会場でステージを熱情的に盛り上げるというから、目が離せません!

 

ブラジル音楽に馴染みが無い人でも気軽に入りやすいよう、投げ銭システム(※2)で行われるこちらのイベント。6店中3店でスタンプを集めると、各店共通のワンドリンクチケットがもらえる、お得なスタンプラリーも行っています。

 

開催は秋の訪れを感じる9月半ばですが、中央線沿いの暑い夏はまだまだ終わりませんよ!

これまで触れたことのないブラジルの音を楽しみ、魅力溢れるブラジルの文化に触れてみてはいかが!?

 

(※1)音楽大国のアメリカ、ワールド・ミュージックムーブメントの先駆者となったフランス、そしてヴォサノバが大好きな日本の3ヶ国は、ブラジル音楽の人気が高く、特に日本は、本国ブラジルでもなかなか手に入らない音源を取り扱うことで知られています。


(※2)投げ銭とは、ステージ終了後に、お客様が演者に任意で渡すお金のことです。

────────────────────────────────────────────

【詳細】

 

「音楽で結ぶ中央線ブラジル化計画 VAMOSブラジる!?」

 

日時:9月14日、15日 両日共に13:00〜22:00

 

場所:ALVORADA(吉祥寺)、BAOBAB(吉祥寺)、Strings(吉祥寺)
COCOPALM(西荻窪)、copo do dia(西荻窪)、ROOSTER(荻窪)

 

出演者などの詳細はホームページをご確認ください。
お問い合わせ:
http://music.main.jp/brazil/(イベントHP)