荻窪新聞 2013年8月13日
荻窪新聞

行きたくなるなる夏・秋祭り!

【要チェック】荻窪近辺の夏・秋祭りをご紹介!
 
海水浴や野外フェス、バーベキューなど、夏ならではのイベントは数あれど、我々日本人がとりわけ夏を感じるイベントといえば、やっぱり『夏祭り』 荻窪夏・秋祭り情報はこちら!
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/admin-ajax.png

 

町おこしやイベント的要素の強い近代から始まったものから、神社仏閣にて行われる

古来から伝わる夏・秋祭りまで、荻窪近辺だけでも数多くのお祭りが行われます。

既に今年は終わってしまった夏祭りもあるものの、これから秋口にかけての、

『知れば参加したくなってしまうお祭り』をご紹介します!!

 

 


 

────────────────────────────

※以下のお祭りの開催は終了しています。

────────────────────────────

 

 

 

 【更新】  井草八幡宮 宵宮祭・例大祭 
今年は開催終了しています。

 

青梅街道沿いに朱色が鮮やかな大鳥居を構える井草八幡宮

武蔵野の面影を残し、茂る木々、どっしりと構える社はおごそかで、境内に入ると、木々のざわめきが聞こえるほど静寂としています。
一万坪という広い社域を持ち、あの源頼朝が奥州藤原泰衡征伐の際に戦勝祈願のために立ち寄ったといわれる由緒もあるこちらの神社。

例大祭は、荻窪界隈の夏、秋祭りの大トリを飾るに相応しい大きな規模で行われます。

 

井草八幡宮

 

3年に一度、美しい彫刻のほどこされた神輿が氏子区域を渡御する 神幸祭(じんこうさい)、5年に一度の参道にて行われる流鏑馬(やぶさめ)神事は残念ながら今年はありませんが、神輿を担ぐ青梅街道渡御は行われます。

 

《 次回の流鏑馬神事は平成29年(2017年)、神幸祭は平成26年(2014年)に斎行されます。》

 

暑さも和らぎ、涼しい風が心地よい季節。夕暮れどきの祭囃子に誘われるまま、荻窪地域の大トリを飾る秋祭りを楽しんでみませんか?
井草八幡宮

 

【詳細】NEW! 

 

井草八幡宮 宵宮・当日祭・渡御

 

9月30日(月)【宵宮】

[神事]
宵宮祭斎行 午後五時

[奉納行事]
井草囃子 午後四時より
井草の大太鼓 午後六時より
献華 早朝より午後十時まで(回廊)

[神賑行事]
文華殿公開 午後四時より午後九時まで
参道の出店 正午頃より午後十時まで
                          [閉門 午後十時]

 

10月1日(火)【例大祭】

[神事]
当日祭斎行 午前十時

[奉納行事]
神楽 午後十一時より午後九時三十分まで(途中休憩あり)
井草囃子 午前七時より(途中休憩あり)
北辰一刀流 午後一次より三時まで
井草の大太鼓 午後六時より
献華 早朝より午後九時まで(回廊)

[神賑行事]
野点席 午後十一時三十分より午後四時まで(神楽殿前)
文華殿公開 午前十一時より午後九時まで
参道の出店 正午頃より午後十時まで
                          [閉門 午後十時]

 

10月6日(日)【御神輿渡御】 (雨天中止)

[神事]
発輿式 午後一時(北駐車場)
神輿渡御 赤灯籠前(北駐車場)より桃井三丁目緑地公園入口までの間を渡御
還幸式 午後五時頃(北駐車場)

[奉納行事]
狂言 午後一時より午後五時まで


                          [閉門 午後十時]

 

井草八幡渡御ルート

※流鏑馬は5年おきの例大祭の日に執行(次回は2017年)
※神幸祭は3年おきの例大祭の日に執行(次回は2014年)

 

住所:井草八幡宮(東京都杉並区善福寺1丁目33-1)
お問い合わせ:03-3399-8133(井草八幡宮)

 

 

 

 

 

   2kodoriまつり  
【今年は開催終了しています】

 

二高通り商店会祭

 

日大二高通り商店会あげての夏祭り、2kodoriまつりでお、日大二高や地元の消防署の全面的な協力のもと日大二高を会場に、模擬店やフリーマーケットなどの出店が並びます。

また、二高のプラスバンドやチアリーディング、地元の方による和太鼓の演奏など、地域に密着したイベントを多く行うことで知られるこのお祭り。今年の開催は9月22日です。7年目のこちらの夏祭りは年々とその名前を広めているんです!
2kodori

 

 

『とにかくローカルで、地元に密着したお祭りなんです。二高の学生さんが出し物をしてくれたり、ボランティアの方や消防署の方も手助けしてくれます。

こういったつながりで、商店会がもっと活気づいてほしいです。』そのように話してくれた会長の石川さん。
花火やお神輿が無くても、「地元の人が協力し合ってつくり上げるまちのお祭りって、本当にいいものだなぁ」と思わせてくれるお祭りです。

 

 

2kodori
2kodori▲似顔絵での紹介になってしまいますが会長の石川さん。素敵な方です!▲日大二高の生徒さんも地域と共に祭りを盛り上げます

 

【詳細】
2kodoriまつり
開催日:9月22日(日)

時間:午前10時〜午後4時

場所:日大二高正門中広場

事:模擬店、フリーマーケット、出しもの等

住所: 東京都杉並区天沼1-45-33(日本大学第二学園)

主催:日大二高通り商店会(杉並区共済事業)

協力:日大二高・東京消防庁荻窪署天沼出張所・他

お問い合わせ:http://www.2kodori.com/(二高通り商店会ホームページ)

 

 ちびっ子集まれ!お祭りだ
【今年は開催終了しています】

 

天沼八幡神社の例大祭に合わせて、インテグラルタワーにて開催される「ちびっ子集まれ!お祭りだ」
荻窪北口東地区会の3商店会3団体が地域一帯となって実施するこちらのお祭は、その名の通り子供にとっては夢の様なイベントばかりのお祭りです。

ちびっ子集まれ!お祭りだ

 

25日は大神輿、山車が町を巡行し、26日の夕方からは毎年恒例の人気企画、スイカ割り大会が行われます。

なんと割ったスイカは持ち帰り可!毎年100個近くのスイカを注文しているというから太っ腹!

更に参加した子供には先着で袋入り菓子、おにぎり、ジュース、焼き鳥・かき氷をプレゼント!これは子供も喜びますね!

 

古くから天沼八幡神社の例大祭と共に開催されてきたこちらのお祭り。
昔から地域の子供たちが楽しみ続けてきたお祭りに違いない!

 

 

1▲会場のインテグラルタワー広場        ▲今回お話を伺った荻窪銀座商店会長石川さん

年々参加者も多く、商店街の活性化にもつながるというこちらのお祭り。
すぐ傍で行われる天沼八幡神社の例大祭と行き来しても楽しめるはずですよ!

 

【詳細】
ちびっ子集まれ!お祭りだ
期間:8月25日(日)、26日(月)
25日 神輿、山車の巡行
26日 夕方よりスイカ割大会
※諸状況により日程・時間・場所などが変更になる場合があります。
事前に会場・主催者までお問合せください。
お問い合わせ:荻窪銀座商店会 TEL:03-3398-3398(担当:小美野)

 


 

 

 

 

 天沼八幡神社の宵宮祭・例大祭  
【今年は開催終了しています】

 

 天沼八幡神社は青梅街道「荻窪駅前入口」交差点を北に入り突き当りにあります。

いつもは静かで荘厳な趣の社も、祭りの二日間は、のぼりや祭り旗、祭り提灯で彩られとってもにぎやか♪

天沼八幡神社

 

そもそも【宵宮祭・例大祭】って何なの?

 

宵宮祭とは例大祭の前夜祭のこと。では例大祭とは何かというと呼んで字のごとく、その神社で定められた日に行われる大祭のことを指します。

 

今年の天沼八幡神社宵宮祭は8月25日の午後8時開始。
境内には市がたち、神楽殿では舞や演芸、里神楽などの奉納もあり、境内は夏祭りムード一色に!
子供神輿や山車(だし)も出てとても盛り上がるんです。

翌日26日はは例大祭。神事と宮神輿がメインのイベントになります。

 

現在、社務所でこのお神輿の担ぎ手を絶賛募集中
力自慢のあなたも、お祭り事が大好き!夏の思い出を残したい!あなたも、みんなで担いでみてはいかが?
お神輿は担げないけど、見たい!という方は宮神輿の巡幸図を確認してみてください!
迫力のお神輿に荻窪の熱気を感じること間違いなし!

 

天沼八幡神社

 

【詳細】
天沼八幡神社 宵宮祭・例大祭
期間:8月25日(日)、26日(月)
行事:25日奉納。
    18時から演芸(和太鼓 龍、マジック松永康夫、南京玉すだれ赤張子軍団)。
19時30分奉納、浦安の舞。20時宵宮祭。
26日10時例大祭式典、奉納里神楽。
宮神輿渡御 宮出し15時、宮入り18時
住所:天沼2-18-5
電話:03-3398-2514




※※お知らせ※※
我々オギジン編集部も宮神輿の担ぎ手として、カメラマンとして、天沼八幡神社の宵宮祭・例大祭に参加してきました。詳しくはこちらから!


 

 

 

  白山神社秋季例大祭  

【今年は開催終了しています】

 

社前に生える萩(ハギ)で作った箸で食事をしたら歯痛が治った、という言い伝えがある荻窪白山神社

 

 

この神社は旧下荻窪村の鎮守で、祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)。
こちらの祭礼は毎年9月7日・8日に確定していて、7日には神輿渡御、夜は奉納演芸、8日に例大祭神事が行われ、里神楽が奉奏される。
こちらの祭礼は、なんとも珍しい「女みこし」も渡御することでも知られているんです!!


女みこしって!?


白山神社でまつられている女神・伊邪那美命(いざなみのみこと)にちなんで35年前に始まったとのこと。
とても珍しく、地域の女性が担ぎ手として参加する神輿である。
担ぎ手は女性だけだからといって、侮ってはいけません!
下記の地図ルート(平成17年度参照)を、およそ4時間の距離を、女性だけで担ぐというから驚きです!

 

女みこし

 

揃いの柿色の法被を着て、威勢よく繰り出す、担ぎ手の八割は地元の女性たち。

荻窪の商店や会社のOL、学生、主婦から消防隊員、警察まで幅広い層の女性が参加しています。
実行委員の方は「お店のお客さんだったり、お店の人同士だったり、女みこしを通すことで、荻窪の南北隔たりなくコミュニケーションをとれることが何よりもの楽しみです。」と話してくれました。

 

こちらも担ぎ手を募集中なので、気になる方は問い合わせてみてはいかが!?
女性がお神輿を担げる場所というのも、全国的に見ても本当に限られています。
荻窪だからこそできる夏の貴重な体験!見逃すのはもったいないですよ♪

 


【詳細】
白山神社秋季例大祭
期間:9月7日(土)、8日(日)
事:7日神輿渡御、夜は奉納演芸
   8日に例大祭神事、里神楽の奉奏
      10時の神事後に宮出し、18時に宮入り
住所:東京都杉並区上荻1丁目21−7
電話:0120-339-130(女みこし事務局)

 

女みこし

 



 

 

 

  荻窪八幡神社例大祭  

【今年は開催終了しています】

 

荻窪警察署正面の荻窪八幡神社

創建年代は不詳ですが、寛平年間(889-898)とされ、源頼義が奥州征伐の際に戦勝祈願した他、太田道灌が練馬城を攻める際にも戦勝を祈願したと伝えられています。

今でこそビル、マンションの建ち並ぶ青梅街道沿いですが、こちらの境内には、道灌槇(どうかんまき)などの巨木が残り、この地域の歴史を感じられます。

そんな荻窪八幡神社の例大祭は9月14日〜15日に行われ、町内神輿や、女性太鼓演奏グループ 華鼓(はなこ)による太鼓の奉納演奏。など、様々な行事が行われ、普段静かな神社が賑わいます。

 

荻窪八幡神社

【詳細】
荻窪八幡神社例大祭
開催日:2013年9月14日(土)~9月15日(日)
9月14日(土) 19:30~21:00 / 9月15日(日) 13:30~21:00
行事:縁日屋台、他(下記関連行事、イベント参照)
住所:東京都杉並区上荻4丁目19−2
お問合せ:03-3390-1325(お問い合わせ時間はAM9:00~PM5:00)

****************************************************************************************************

 

≪関連行事・イベント≫
◎盆栽展 (回廊にて)
【日時】9月14日(土)~15日(日)

 

◎演芸 松若芸能社 <マジック、歌謡曲など プロの演芸> (神楽殿)
【日時】9月14日(土) 19:30~21:00

 

◎少年剣道奉納試合 文化少年剣道クラブ(境内)
【日時】9月15日(日) 14:30~

 

◎町内神輿
【神社に集合する日時】9月15日(日) 13:30

 

◎太鼓の奉納演奏 華鼓(女性大太鼓演奏グループ)による (神門内)
【日時】9月15日(日) 17:00~17:30

 

◎神楽 野火止 石山社中による
【日時】9月15日(日) 10:00~21:00の間 適宜
※諸状況により日程・時間・場所などが変更になる場合があります。
事前に会場・主催者までお問合せください。

 


 

 

 

 

 ピンクの象を引っ張るぞー

【今年は開催終了しています】

 

ピンクの象を引っぱるぞー

西荻窪南口正面の小さアーケード街、西南口仲通街のシンボルとなっているのは巨大なピンクの象さん

 

以前紹介した西荻餃子の店主が祭りのキャラクターとして考案したというこちらの象。その歴史は意外と古く、20年ほど前からあり、今の象で3代目だそう。
普段はアーケードの天井に吊るされているピンクの象は、年一回のお祭りの日に下ろされ、山車(だし)として活躍します!

 

「ピンクの象を引っ張るぞー」となんともストレートな名前がついたこちらのお祭り。
商店街会長の常磐屋店主の常磐 良一さんにその魅力を伺いました。

 

─仲通街のみならず、西荻窪のマスコットといってもいいくらいの知名度を誇るこちらの象ですが、なぜピンクの象さんが仲通街に吊るされるようになったのですか?

 

この商店街には神輿や山車が無かったんです。そのときに「ピンクの象さん」なんて子供に人気があるんじゃないかと、子供も引ける山車として作られたものだそうです。それが20年以上前の話ですね。

 

─子供に人気のピンクの象さんを山車として練り歩く。引き手の子供にとっては忘れられない、楽しい思い出となりますね。

 

そうでうすね。こうして仲通街につり下げられているのも、しまっておく場所が無いからなんです(笑)
普段から目にとまるところにあるので、子供がアーケード天井のピンクの象さんを指差して「ぼく、これ引っぱんだよ」なんて言ってくれます。

 

このお祭りの一番の魅力は、親子で楽しめるところにあります。
子供だけではなかなか引けない山車なので、親も参加して一緒に楽しんで。
親子の夏の思い出になれるといいですね。

 

仲通街のアーケード天井に吊るされたピンクの象さんの年に一度の晴れ舞台。
お子様連れで参加してみてはいかが?

 

1

 

【詳細】
ピンクの象を引っ張るぞー
日時:9月15日 (天候次第 要確認)
場所:西荻窪南口仲通商店街
お問い合わせ:西荻窪南口仲通商店街 常磐屋

 

 

 

知れば参加したくなるお祭りを、これで計7箇所紹介させてもらいました。

荻窪界隈で行われるお祭りはもちろんこれだけではありませんよ!

 

引き続き、お祭りの情報を入手次第、この記事を更新していくので要チェックです!

 (ライター:松村)