荻窪新聞 2013年6月17日
荻窪新聞

犬を連れて 町へ出よう

編集のイチオシ!犬の散歩コース、パート①
 
犬を飼う方は普段の散歩コースを決めているだろうか。同じコースは犬が縄張り意識を持ち、良くないともいわれている。たまには新しい散歩コースを開拓してみてはいかがだろう。
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo1.jpg

どこへ行っても落ち着いていられる犬になるためにも様々な散歩コースを試そう。

犬はどんどん新しい道を散歩させたほうが、いろんな場所に行っても動じずにおとなしくしていられるようになるらしい。とは言っても人と同じように犬にも性格がある。
 
嫌がる犬を無理にいつもと別のコースへ連れて行くこともないだろう。少しづつ、一本ずつ道をずらして慣れさせてゆくのがいいのかもしれない。

シンプルでありつつも、毎日少しづつ変化を持たせられるお散歩コース

新たな発見が楽しめる、散歩に良いコースを歩いたので紹介したい。
(散歩の時間・距離は犬によ って異なるので、あくまでも散歩コースを組む上での参考にしていただきたい。)
荻窪駅西口から続くすずらんどおり商店街をスタート地点にしてぐるっと周遊してみよう。難しい曲がり角もなくや交通量も激しくない散歩道だ。
程良く多い人の数と、車の通行が少ないコース
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo2.png
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo5.png
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo6.png
荻窪駅西口近く。すずらん通り商店街入口のアーチを目印にスタート
すずらん通り商店街をまっすぐ。歩道の幅も広く、舗装化されていて歩きやすい。
まず最初の分岐点。このY字路を左手方向に曲がる。右側は交通量の多い環八なので、今回は避けよう。

まずはすずらん通り商店街を真っ直ぐ歩いて、環八方面へ。環八手前が分岐点。

荻窪駅西口改札から南へ出てすぐにある「すずらん通り商店街」。商店街のアーチを目印にスタートしてみよう。
しばらく続く商店街はさまざまな店舗が軒を連ねているので、歩いていて飽きることはない。道幅も広く、路面も舗装化されているので犬を連れていても歩きやすい。
途中ある中華徳大で餃子をお土産に買ってもいいかも?

最初の分岐点は環八手前にあるY字路を左に。桃井第二小を右手に道なりに進む。

すずらん通りを通って行くと環状八号線と合流するのだが、今回は犬の散歩なので、大通りは避けてみる。
環八手前のY字路を左へ曲がって道なりに進むと、右手側に小学校がある。
地元の方ならご存知の通り、「区立桃井第二小学校」である。昼には子どもたちの声を聞きながら散歩もいいだろう。車歩道分離の道なので安全だ。
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo7.png
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo8.png
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo9.png
小学校の通学路なので、車道と歩道がガードレールで分離されていて安全。
仲通り商店街と交差する十字路を左に。カラー舗装されている路面が目印。
道幅はすずらん通り程ではないが、車の交通量が少なく、にぎわいのある商店街は歩いていて楽しい。

次の曲がり角は小学校横を抜けてすぐ。カラー舗装された道と交差する十字路を左に。

仲通り商店街と交差する十字路にぶつかるので、左に曲がる。すると次の商店街、「仲通り商店街」である。多種多様な店舗が多くあり、この道も歩いていて全く飽きがこない。
 
道幅はすずらん通りほど広くはないが、一方通行なので車の交通量も少なく、落ち着いて散歩ができる。曲がり角にはペット可カフェの「SONGS」がある。
店内は広々していて、日によってはオーナーさんの愛犬が寛いでいる。 犬と店内に入れてコーヒーをゆっくり飲める場所はありがたい。
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/songs.jpg
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo10.png

次の曲がり角の目印は「コープとうきょう」。過ぎてすぐの十字路を左へ曲がろう。

仲通り商店街は昼間だと音楽が流れているなかなかユニークな商店街だ。お店も様々で、なんでも揃えることができる。
商店街をしばらく進むと見えてくるのが「コープとうきょう」。
このスーパーを目印に過ぎてすぐにある十字路を左に曲がろう。この道も一歩通行で、車の交通量が少ないので安心。
 
商店街を横道に逸れたので、人通りも少し落ち着く。閑静な住宅街になるので犬も落ち着いて歩くことのできる道だろう。

落ち着いた雰囲気の道を愛犬と歩く。緩急のある道は飼い主にとっても良い刺激。

この道は商店街に挟まれているにも関わらず、とても閑静だ。賑やかな商店街を2つ歩いた犬にとってはちょうど落ち着ける散歩道であろう。
 
そのまままっすぐ道なりに歩いていくとどこかで見覚えのあるアーチが見えてくる。そう、スタート地点である、すずらん通り商店街の入り口である。
 
長いようで短い散歩道ももう終点。
今回紹介させていただいた散歩道。程よい距離感と飽くことのない街並みを感じられる道だったのではないだろうか。
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo11.png

散歩道は無限にあるので、ほんの一例にすぎないが、荻窪ならではの散歩コース。

今回紹介させていただいた散歩コースはほんの一例にしかすぎない。一本道を外せば、それもまた新しい散歩コースとなるであろう。
無限とある道の数々も、愛犬の性格や体調などに合わせて様々に組み合わせて計画を立ててみるのも面白いだろう。
いつもと違う散歩道。日に一本づつ道を変えて歩いてみると新たな発見や、犬にとっての楽しみにも繋がる。
気づけば愛犬も、どこに行っても動じないワンちゃんになっていることだろう。
 
●この記事をお読みいただいている愛犬家の皆さまへ。
 
あなたと愛犬との「お気に入りの散歩コース」を荻窪新聞編集部では募集中しております。投稿は「記事掲載について」へ。
是非とも「オススメしたい愛犬との散歩コース」のご投稿、お待ちしております。
http://ogikubo-magazine.com/life/wp-content/uploads/sites/2/sanpo_all.jpg
今回の散歩コースを地図になぞってみる。荻窪駅から南側をぐるっと回っているのが見て取れる。